カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ

gL-Leatherでは、カラー変更・サイズ変更・左右反転・名入れなどのカスタムオーダーやフルオーダーを承っております。

お気軽にお問い合わせください。

携帯からのお問い合わせ・ご注文の方はパソコンメールの受信設定の確認をお願いいたします。


※全ての商品は、受注生産になります。現在の納期は、約16〜18週間前後かかります。


■ コンセプト



長年に渡る使用によって起こる経年変化を想定し、革の素材感を生かし10年、20年・・・と、
愛される作品づくりをコンセプトとしています。
初めは革が硬く、少し使いにくく感じることがあるかもしれませんが、使用していくにつれて、
使い手の生き方を映すような作品へと完成していきます。


■ 製作技法


●『クチュールセリエ』と呼ばれる総手縫い仕立てを採用。

ミシンで仕立てると、1ヶ所糸が切れると続けて糸がほどけてしまいます。
手縫いの場合、1本の糸の両端に針を付け、あらかじめ空けておいた穴に左右から糸を通し、
一針一針、引き締めるように縫い進めます。万が一、糸が切れても続けてほどける事がありません。
引き締める力も縫う場所によって加減をし、ストレスなく革が曲がるように微調整します。
ミシンでは縫えない立体的な部分も技術により仕立てが可能です。
又、プライウッドのように何層も革を重ねることにより、ミシンでは縫えない厚さになる場合も、
手縫いなら仕立てが可能になります。
効率の悪さが欠点ですが、一針一針手間を掛けて仕立てることにより製品の価値を高めます。

●切り口は、『切り目本仕上げ』を採用。

長い年月使用すると、どうしても革の端の部分がスレてきます。
薄い革を折り返して縫う『へり返し仕上げ』の場合どうしてもよくスレる部分が破れてきます。
『切り目本仕上げ』とは、革の切り口を蜜蝋や天然の海苔を使って固め、何度も繰り返し磨き上げる技法です。
擦れても革が破れることはなく、丈夫な仕上がりになります。

■ 革について


●ヨーロッパ最高峰のベジタブルタンニンレザーを使用。

イタリア植物タンニンなめし協会が認める、 最も古典的な植物タンニンなめし製法で作られた
ヨーロッパ最高峰のベジタブルタンニンレザー。
使い込むほどに艶があがってくる表情、 イタリアならではのナチュラル感溢れる色使いは秀逸です。
丈夫な成牛の肩の部分を主に利用し、放牧中にできたバラ傷や、血筋、 首のトラ(しわ)が完全には隠れていませんが、
素材の”味”の一つとして生かすことで 唯一無二の個性のある表情を醸し出します。

ページトップへ